最近のトラックバック

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

バーナー

« 犬と暮らしONEBRAND56春。犬とゆっくり、ぷらり旅と散歩は犬のための時間ペンションサンテミリオンで読書タイム | トップページ | ペンションサンテミリオンママのエッセイ女性カメラマン人生のメローフォーカスで被写体充実オリビアのよう »

2015年3月29日 (日)

みちのく3大桜名所角館の桜を愛でる安比高原ペンションサンテミリオンにワンちゃんと一緒に泊まって

00000_340x480

桜色の旅~♪ 武家屋敷通りに降りそそいでいるかのような満開のしだれ桜、すぐ傍の川沿いは華やかにに彩る桜のトンネル・・・。 今から350年以上も前の物語。京都から迎え入れられましたお姫さまの・・「お嫁入り道具」の中にあった3本の苗木が今日の「角館のしだれ桜」になったと言われています。武家屋敷の重厚さの映える黒塀にピンク色の桜の花の情緒たっぷりな武家の時代の・・古都京都の・・趣きいっぱいに広がります・・。 川沿いの桜はピンク色のアーチを描き、桜トンネルが全長2キロにもおよびます。 和の世界~ 角館の桜をお楽しみください。 洋の世界~ 創作フレンチをお楽しみください。 ペンションサンテミリオンオーナーの食のこだわり、質の良い食材とフレンチの醍醐味であるソースをご堪能ください。 一泊(夕朝2食付)ツイン お一人様 9,180円 ワンちゃん宿泊 一頭 2,160円 Copyright(C)2014 Penshon Santemilion. All rights reserved. お問い合わせ・ご予約   0195-73-5244 ホームページ・ブログをご覧くださいますように‥ ホームページ(新)      http://www.saintemilion-appi.jp/  ホームページ(旧)  http://www.saintemilion.jp  ペンションgooブログ    http://blog.goo.ne.jp/katsu_1944/  ペットと泊まれるgooブログ http://blog.goo.ne.jp/saintemilion-appi  ママのブログ  http://blogs.yahoo.co.jp/santbarhinoki/  スタッフブログ  http://saintemilion.cocolog-nifty.com/blog/ ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/saintiw/  ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santpenshon /  レストランブログ        http://blogs.yahoo.co.jp/marsalafine/  ペットホテルブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/marsalas0/  サンテミリオン画廊ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santegaro/  サンテミリオン学習塾ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/santjyuku/  婚活ウエディングブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/konkatusante/  楽天ブログ        http://plaza.rakuten.co.jp/blissmark/ BIGLOBE         http://saintemilion-appi.at.webry.info/

« 犬と暮らしONEBRAND56春。犬とゆっくり、ぷらり旅と散歩は犬のための時間ペンションサンテミリオンで読書タイム | トップページ | ペンションサンテミリオンママのエッセイ女性カメラマン人生のメローフォーカスで被写体充実オリビアのよう »

8 広報スタッフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1808822/59448389

この記事へのトラックバック一覧です: みちのく3大桜名所角館の桜を愛でる安比高原ペンションサンテミリオンにワンちゃんと一緒に泊まって:

« 犬と暮らしONEBRAND56春。犬とゆっくり、ぷらり旅と散歩は犬のための時間ペンションサンテミリオンで読書タイム | トップページ | ペンションサンテミリオンママのエッセイ女性カメラマン人生のメローフォーカスで被写体充実オリビアのよう »