最近のトラックバック

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

バーナー

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月19日 (土)

塾長エッセイ学校と塾のコラボについて岩手八幡平安比高原ペンションサンテミリオン内サンテミリオン学習塾

250pxrotklee_trifolium_pratense1_11 赤詰草(あかつめくさ):「勤勉」「実直」

              四つ葉のクローバー;確率「10万分の1

 

学業は、小学校、中学校、高等学校へと進学し、633年で12年間の教育期間が一般となっている。大学、大学院まで進学すると1618年間を費やすこととなる。義務教育は9年間(15歳まで)で終えてしまうが・・。国が定める「日本国民として強制される教育機関は9年間」で、希望すれば「その後の3年または7年、ある学生は9年間という倍の歳月を教育に充てることができる社会の構造」となっている。

日本の平均年齢44歳。高齢化が進む日本だが・・「長寿国世界一」となった日本の平均寿命は83歳。(男性79歳世界8位、女性86歳世界1位。)

学生であった年齢を22歳までとすると・・上の「平均・・」の数字を考えると、それぞれ・・考えさせられる・・。

人生いくつになっても教育又は学習できる機会をとらえて自分磨きをすることはよいことだとは思うが・・生涯学習としてではなく、「将来の仕事を決める」「将来の人生設計を考えて希望する学業と専門職を捉える」ための学業としては、資格が必要な職種も多いことから、学歴は必須または絶対条件となり、国家試験なるものなど試験の合否が個人の人生に大きくかかわってくる。そのため、その筋の予備校なる学校に、在学中または卒業後、また「学び舎」とするのは周知のことである。そうすることが当たり前のご時世(しくみ)となっている。

その「塾や予備校が学校とコラボする」という話題を多く耳にするようになった。

 

ある県の進学校や中高一貫校で、その「塾や予備校が学校とコラボする」ことを取り入れていることが少なくない。塾や予備校の先生」又は「大学の学生」が、週末だったり、学期末の休業日だったり、1年を通して学校登校日以外を「補習の日」として用意している。その際、授業料金が発生することもある。

一貫校の指導要綱は学校又は県によって異なるのかもしれないが、中学3年生の夏以降は高校の教科書に移行する。理解できる、できないかは、その指導と生徒の学力だが、早い時期に、洗練された質の高い応用問題に挑戦させる。プリントや副教材が用意される。(参考書がないと解けない。生徒はその参考書がわからない。そこで我々の出番となるのだが・・。)もちろん解けない、わからない生徒が続出・・。その様な取り組みは、テクニックに走るばかりだ。『その解き方の形を覚えてしまえばいい』と力説する教育者もいるが私はそうあっては欲しくないと思う。学習には段階というものがある。

試験が間近で当然その難問を打破しなければ道が開けないのならば、いちかばちか丸暗記してそのままわけもわからず解いていく学生もいる。結果として正解だったことは合格点に繋がり良い結果といえるかもしれない(2度目の合格点があるのかは否めない・・)が、将来的な個人の福祉を考えるならば手放しで喜べないのではないだろうか・・。まだこれから学習が進んでいくという途中で、そのような、矛盾で満ちた教育・学習は、価値のあるものなのだろうか・・。「運の良さ」と「問題に取り組む精神の質の軽さ」と「真剣な納得のいく物事の判断」「モラル」にも影響しかねない結果を生むかもしれない。受験生は受験生で「それもあり」と一呼吸ついて状況を理解し、精神的に余裕はないにしても「受験日目前」という切羽詰まった所での対応はあるだろうが、成長の過程で、目先の点数だけを考えて取り組むのは、不安が付いて回る・・。そのような学習の仕方は避けたいと思うのは当然だ。

予備校の先生が高校生の補習にやってくる。素晴らしい先生、教えの達人はたくさんいらっしゃる。予備校の授業は、基本は分かっているはずで進める。予習していて当たり前。自分のわからないところを集中して聴き、そこを学び取る。

 

基本的には「学校」と「塾」「予備校」では方針や目的、結果の示すところが異なる、いや、異なるべきだし、異なって当たり前だ。「小学校、中学校」と「高等学校」とでは論点が異なるのだが・・。「塾」は「短期集中型」である。それぞれの学校では「基本を一通り学んだ」から、さらに新しい内容へと進むことができる。ある程度時間をかけて、導入の部分から学校で説明してくれるというありがたい指導の上に、塾の指導があると私は思っている。(導入を無視して教える先生がいるのも現状ではあるが・・)そして、塾では基本の定着を基盤に「問題を解く」ことでテストに対応した応用問題を習得していく。

 

教育に携わる者は、教育が「永劫に及ぶ」などと傲慢に考えてはいないはずだ。ただ、教育は個人に影響を与えることは確かである。教育と一言でいうが、奥が深い・・。その教育を受け、知識を得て、知っていることが多いほど人生も楽しめるし、高学歴のほうが高収入であることは統計でも示されている通りだ。教育に携わる者は、子どもたちが一般社会で認められている常識のある大人に、そしてある程度貢献できるそんな社会人に成長してもらいたいと思っているだろう。

 

「小学校、中学校」において、最近のニュースで「学習をゲーム感覚で覚えてもらう」という取り組みが提案されているとあった。学校側には限界もあるのだろう。その筋の「塾?」にお願いし、取り入れることを計画するその理由はいったい何なのかを知りたいと思うのは私だけではないと思う。何の意味があり、子どもたちのただ「あっという間の(授業)時間」が過ぎただけが残るのではないかと不安になる。実際に、英語教育もしかりではないだろうか・・。CD付の絵本など軽い原書を読んでクラスのみんなで暗唱した方がよいと私は思う。

そのような「ゲーム感覚の学習」は、楽しくって、愉快で、インパクトがあって、その時の先生の顔、友だちの表情までもが脳裏に残っていて印象深いものかもしれない。しかし、それは一過性にすぎないと私は思う。勉強する、学習に取り組むのは個人的なことであり、その助けとなるのはどんなことかと真剣に指導の立場にある者は考えなければならないのではないかと思う。楽しいことは学校行事の中にたくさんある。1つのテーマを学習と結びつけて発展性のあることとして取り組むなら無数に例示できよう。目先やその場限りの楽しみではなく総合的な教養と知識を義務教育の在り方をもっと充実させるべきだと思う。その点でもっと管理職にある以前は教鞭をとられていた方に頑張ってもらいたいと思う。柔軟であるべきところ、一貫しなければならないとことをメリハリ持って取り組んでほしいと思う。

これまで各教材を取り扱う業者が、様々な道具を考え出してくれている。掛け算や漢字や歴史・地理を歌や絵で覚えたり・・。それは副次的なものかもしれないが、アイデアとその実践力、作り出すエネルギーは物凄いと感心する。基本となる教科書は、編集また掲載内容の検討に多大な時間をかけつくられる・・。にも関わらす・・学校では、教科書一冊丸々学習できない状況下にある。仕方がないといえば仕方がない。勝手に児童や生徒が目を通せばよいということになる。

 

学校と塾が同じであってはならないはずだ。本来、「塾」は必要のないものだと思っている。(必要でなくなれば私自身は困ってしまうのだが・・。)

子どもたちがのびのびと勉強することに真剣に取り組める学校が理想だ。学校でしっかり学ぼう、ゲーム感覚で勉強するのではなく、「教えていただく先生に敬意をもって学んでいく姿勢」が大切なのではないかと・・。

教育現場で「教師ではなく保護者や回りの価値観の緩い雰囲気の状況」が、何かをはき違え、間違った方向に進んでいるのではないかと不安に思っているのは私だけではないと思っている。

 

長年塾の講師をしている私が言えることは・・

『小学校、中学校の担任の教師より、私の方が生徒の学習面での理解力の把握、成長の過程をしっかりとそして長く見てきていることの事実。1年間で終わってしまう指導ではなく、10年以上も携わることもできた生徒がいるという事実。私は個人の塾ですから、「誠実、信頼、安心、熱心、真剣」という意味では、真面目に生徒と向き合うことで生徒と保護者の方との信頼を勝ち得てきたという事実。保護者も生徒も指導の任にある人への敬意なしには進歩しないという事実。偏差値をしっかりあげてキープさせるだけの指導力があるという事実。評判を落とせばやってはいけない厳しい業種だという事実。ですから、将来が保障されています学校の教師とはある意味、真剣さでは負けないという事実。そのことを、楽しみに仕事をさせていただいている事実・・。』 2014418

 

お問い合わせ・ご予約   0195-73-5244

 

ホームページ・ブログをご覧くださいますように‥

ホームページ(新)      http://www.saintemilion-appi.jp/ 

ホームページ(旧)  http://www.saintemilion.jp 

 

ペンションgooブログ    http://blog.goo.ne.jp/katsu_1944/ 

ペットと泊まれるgooブログ http://blog.goo.ne.jp/saintemilion-appi 

ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/saintiw/ 

ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santpenshon / 

レストランブログ        http://blogs.yahoo.co.jp/marsalafine/ 

ペットルームブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/marsalas0/ 

サンテミリオン画廊ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santegaro/ 

サンテミリオン学習塾ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/santjyuku/ 

婚活ウエディングブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/konkatusante/ 

ママとカウンターバー檜のブログ http://blogs.yahoo.co.jp/santbarhinoki/ 

ペンションOCNブログ   http://saintemilion.blog.ocn.ne.jp/blog/ 

ココログ         http://saintemilion.cocolog-nifty.com/blog/

楽天ブログ        http://plaza.rakuten.co.jp/blissmark/

BIGLOBE http://saintemilion-appi.at.webry.info/

2014年4月 4日 (金)

カウンターバー檜より1通目くつろぎの時間ご一緒に語らい音楽を楽しむ安比高原ペンションサンテミリオン

168x126

はじめまして・・

ペンションサンテミリオン ラウンジ カウンターバー檜です‥

20年以上‥という長い年月‥ここで様々な人生模様を見て聴いています‥。

 

いいもんですねぇ~‥  人って!

あなた‥ 人生終盤戦に入ってきましたかぁ~ いや、まだまだでしょう!

私と同世代の方‥ 一緒に酒を飲みましょう~よ‥

昔‥ 若いころの話を交わしましょう~よ‥ 人生捨てたもんじゃないですよね‥

 

たまには、ここに来てくだを巻くのもいいじゃないですかぁ~

「青年の主張」ならず「熟年の主張」をどうぞお話し下さい。

私、「檜」がお伺いします!

 

50を過ぎ、60の定年を迎え‥ 若いころの夫、妻に‥ ここで戻ってみましょうよ~

井上陽水の「人生が2度あれば‥」なんて  今を‥今を!謳歌しましょうよ! 

ね‥!  そう思うでしょう~♪

カウンターバーの椅子って‥ 別名「止まり木」とも言うんですよ‥

サンテミリオンで「毎日の旋律」に「休止符‥」もいいのではありませんか‥。

 

お問い合わせ・ご予約   0195-73-5244

 

ホームページ・ブログをご覧くださいますように‥

ホームページ(新)      http://www.saintemilion-appi.jp/ 

ホームページ(旧)  http://www.saintemilion.jp 

ママのブログ  http://blogs.yahoo.co.jp/santbarhinoki/ 

スタッフブログ  http://saintemilion.cocolog-nifty.com/blog/

 

ペンションgooブログ    http://blog.goo.ne.jp/katsu_1944/ 

ペットと泊まれるgooブログ http://blog.goo.ne.jp/saintemilion-appi 

ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/saintiw/ 

ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santpenshon / 

レストランブログ        http://blogs.yahoo.co.jp/marsalafine/ 

ペットルームブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/marsalas0/ 

サンテミリオン画廊ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santegaro/ 

サンテミリオン学習塾ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/santjyuku/ 

婚活ウエディングブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/konkatusante/ 

ペンションOCNブログ   http://saintemilion.blog.ocn.ne.jp/blog/ 

楽天ブログ        http://plaza.rakuten.co.jp/blissmark/

BIGLOBE http://saintemilion-appi.at.webry.info/

2014年4月 3日 (木)

健全なそして誠実に宿泊施設として営業されています同業者に嬉しさを感じペンションですもの個性を生かして

Mp9003905091_342x480 ペンションサンテミリオンは「ワンちゃんと泊まれるペンション」といたしましてワンちゃんとお客様によろこんでいただいております。感謝でございます。ありがとうございます。

ペンションサンテミリオンは、ワンちゃんと一緒に泊まれますペンションで、「第一種動物取扱業者」です。専属の「動物取扱責任者」が常勤いたしております。これは、動物を取り扱う施設として義務付けられています。【平成249月に動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律「改正動物愛護管理法」が公布されています。】

また、ペットの飼い主様にとっても、ご宿泊なさる施設が「第一種動物取扱業者」であることが安心、安全な施設となりますので大切なことといえます。

 

「ペットと宿泊できます施設様」には「許可証」がない場合があります。そうしますと、一緒に泊まることとなります他のペットが「安全かどうか、予防注射を受けているかどうか・・」が証明されないこともあります。ペンションサンテミリオンでは、きちんとした管理のもとでお泊りいただいておりますので、安心です。

 

ペットを受け入れております施設様で、認可を得ておりません場合、衛生面また施設管理を考えますと「ワンちゃんの危険」ばかりではなく「ペットとご一緒ではないお客様への危険」も伴うかもしれません。 もし、感染症やシャンプーをしていないワンちゃんが宿泊を共にしたとしたら・・ 「室内犬」といいながら「室外犬」が泊まったお部屋に一般のお客様が泊まったとしましたら・・ 想像しただけで・・ 「衛生管理」をしっかりしておりますサンテミリオンといたしましては、『ゾォ・・!!』としてしまいます!

 

今日におきましては、私ども宿泊施設には、お客様に「誠実な宿泊施設といたしましての対応」が求められます。

はっきりと『認可を得ていないのでペットはお泊めできません』と謳っている施設様もあります。当館同様、良し悪しを理解しておられるのだと「誠実な宿泊施設」様であると嬉しくなります。

現実問題といたしまして  「今後、正しくペットを飼っていらっしゃいます飼い主様にとっては注意深く施設を選ぶことが必要」ですし、ペットとご一緒ではないお客さまも「お泊りいただき施設が安心できます施設か」が問われることとなります。ペンションサンテミリオンは、ペットをお連れでないお客さまにもお泊りいただいております。その際、お客様に説明させていただき安心してお泊りいただいております。

清潔で安心・安全、リラックスできますペンションサンテミリオンをご利用いただけますようお願い申し上げます。

20144/3

お問い合わせ・ご予約   0195-73-5244

ホームページ・ブログをご覧くださいますように‥

ホームページ(新)      http://www.saintemilion-appi.jp/ 

ホームページ(旧)  http://www.saintemilion.jp 

ママのブログ  http://blogs.yahoo.co.jp/santbarhinoki/ 

スタッフブログ  http://saintemilion.cocolog-nifty.com/blog/

 

ペンションgooブログ    http://blog.goo.ne.jp/katsu_1944/ 

ペットと泊まれるgooブログ http://blog.goo.ne.jp/saintemilion-appi 

ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/saintiw/ 

ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santpenshon / 

レストランブログ        http://blogs.yahoo.co.jp/marsalafine/ 

ペットルームブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/marsalas0/ 

サンテミリオン画廊ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santegaro/ 

サンテミリオン学習塾ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/santjyuku/ 

婚活ウエディングブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/konkatusante/ 

ペンションOCNブログ   http://saintemilion.blog.ocn.ne.jp/blog/ 

楽天ブログ        http://plaza.rakuten.co.jp/blissmark/

BIGLOBE http://saintemilion-appi.at.webry.info/

2014年4月 2日 (水)

レストランサンテミリオンお食事のご予約3日前までに岩手県八幡平市安比高原ペンションサンテミリオン内

00003201442_338x480

当日の午前に、お昼に、「レストランでの食事」のご予約のお問い合わせいただきますのが随分と増えてまいりました。ありがとうございます。

お泊りいただきましたお客様のご紹介、ネットでご覧になられましてのお問い合わせ・・など、「安比高原ペンションサンテミリオン」「レストランサンテミリオン」の名前を憶えていただけますことは大変うれしいことだと、ありがたく感謝でございます。

せっかくご予約のお電話ですのに、お断りさせていただいておりました。こちら側の勝手で・・大変申し訳なく思っております。美味しくお食事をしていただきますための準備が整っておりませんでしたから・・。本当に申し訳ありません。

それで・・

お客様にお願いといたしまして、ご予定日の3日前までにご予約をいただけますなら幸いと存じます。よろしくお願いいたします。

20145/31までの期間は、春の創作フレンチ【ミモザを贈る日6,480円】をお召し上がりいただきます。また【愛するミモザ】になる場合があります。申し訳ありませんが、その日によって食材・ソース内容により異なることがあるかもしれませんが、ご了承いただきまして、「お楽しみ・・」ということで・・ご予約をお待ち申し上げております。

〈フレンチコース料理〉 【オードブル・スープ・魚・肉・デザート・コーヒー】となります。

*お魚は「天然のスズキ」です。

*お肉は「牛のヒレ」です。

*オードブルとデザートはお洒落にアレンジ。コーヒーはサンテミリオンオリジナルブレンドです。

*食材とソースにこだわった納得のいくメニュー内容と味覚の喜びをご堪能ください。

*レストランには絵画が展示されております。その雰囲気も楽しまれてください。

 

お問い合わせ・ご予約   0195-73-5244

 

ホームページ・ブログをご覧くださいますように‥

ホームページ(新)      http://www.saintemilion-appi.jp/ 

ホームページ(旧)  http://www.saintemilion.jp 

ママのブログ  http://blogs.yahoo.co.jp/santbarhinoki/ 

スタッフブログ  http://saintemilion.cocolog-nifty.com/blog/

 

ペンションgooブログ    http://blog.goo.ne.jp/katsu_1944/ 

ペットと泊まれるgooブログ http://blog.goo.ne.jp/saintemilion-appi 

ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/saintiw/ 

ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santpenshon / 

レストランブログ        http://blogs.yahoo.co.jp/marsalafine/ 

ペットルームブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/marsalas0/ 

サンテミリオン画廊ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santegaro/ 

サンテミリオン学習塾ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/santjyuku/ 

婚活ウエディングブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/konkatusante/ 

ペンションOCNブログ   http://saintemilion.blog.ocn.ne.jp/blog/ 

楽天ブログ        http://plaza.rakuten.co.jp/blissmark/

BIGLOBE http://saintemilion-appi.at.webry.info/

2014年4月 1日 (火)

消費税8%を前に将来を担う子どもたちに世界が求める人材に岩手県八幡平市安比高原サンテミリオン学習塾

250pxrotklee_trifolium_pratense1__3 赤詰草(あかつめくさ):「勤勉」「実直」

                       四つ葉のクローバー;確率「10万分の1

 

1914年に第一次世界大戦が勃発、国民はお国の決めたことだから・・と、忠誠心の内に受け入れた。戦争は長引き、第二次世界大戦へと・・そして、原爆が投下され、1945年に終戦。戦後の経済成長はめまぐるしい発展を遂げた。日本国民の能力の高さ、ハングリー精神、なにくそ負けるものか・・という日本人の根底にある「武士道」のある部分の勢いで瞬く間に全盛期を迎え・・そして、バブルは弾ける・・。政府が経済の立て直しを図っても・・、世界の中での日本の位置付けを主張しても・・、選挙で変わる議員、任期、又は解散で中途半端だったり、力不足となる決め事がたくさんあったりなど、不安定な社会情勢・・。この先ずっと続くのか・・。4/1より、消費税が8%となる。政策として近視眼的ではなく、将来を見据えてのことか・・ 期待したいところだが・・。世界の強国に倣うもよし、世界展望、世界の中の日本の立場をどう安定させるのか・・。外交、お国が異なれど、人と人との交渉・・。お国柄もあるのだけれど、人間性としてどうか・・。世界の中で通用する「人材」と考えたときどうなのか・・。

「人材育成」ということを考えるなら、若干なりとも、「将来を担う子どもたち」の教育に携わる仕事をさせていただいていることはうれしくもあり、責任も伴っていると認識している。

 

Remember who you are.」という言葉と出会った。直訳すると「自分が誰であるかを忘れないようにしなさい。」

意訳はこうだ。「Remember」→「信念を貫く」 「who you are」→「自分はどんな価値基準を持っているか」

著者は説明する。「苦しい状況の中、さらにそういった圧力を受けても動揺しないくらいの判断基準を構築しておく。何物にも流されず、自分が正しいと考える価値観を守り、信念を持って行動を起こす。」と・・

 

中学英語で十分訳せる英語だが、前後の文脈も関係してくるが、含蓄のある言葉だ。

「判断基準」はしっかりした「知識や情報、経験」に基づくものだ。そして、それを言葉で、自分の思考回路で何度も考え、これで間違いがないか・・、柔軟であることが必要ならそのことの意味することがしっかり頭と心で論理的に組みたてられるか・・、が求められるでしょう。

who you are」には自尊心と謙遜さ、自信と優しさ、思いやりも含まれるでしょう。

塾の講師として、どれだけのことができるのか、受け入れてくれる子どもたちによっても異なると思うが、微力ながらでも子どもたちが「価値観と信念を持って人生を歩んで行く、一生涯に渡って向上心を持って成長していきたい」と考えられるよう、義務教育で学ばなければならない知識をしっかりと定着できるよう誠実に指導させていただきたいと思っている。  20143/31

 

お問い合わせ・ご予約   0195-73-5244

 

ホームページ・ブログをご覧くださいますように‥

ホームページ(新)      http://www.saintemilion-appi.jp/ 

ホームページ(旧)  http://www.saintemilion.jp 

 

ペンションgooブログ    http://blog.goo.ne.jp/katsu_1944/ 

ペットと泊まれるgooブログ http://blog.goo.ne.jp/saintemilion-appi 

ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/saintiw/ 

ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santpenshon / 

レストランブログ        http://blogs.yahoo.co.jp/marsalafine/ 

ペットルームブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/marsalas0/ 

サンテミリオン画廊ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santegaro/ 

サンテミリオン学習塾ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/santjyuku/ 

婚活ウエディングブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/konkatusante/ 

ママとカウンターバー檜のブログ http://blogs.yahoo.co.jp/santbarhinoki/ 

ペンションOCNブログ   http://saintemilion.blog.ocn.ne.jp/blog/ 

ココログ         http://saintemilion.cocolog-nifty.com/blog/

楽天ブログ        http://plaza.rakuten.co.jp/blissmark/

BIGLOBE http://saintemilion-appi.at.webry.info/

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »